toggle
blog

陶処風のうつわ

久々に

陶処風、山本直毅さんのうつわが入荷しました!

改めてオンラインにアップしますが、

まず、雰囲気だけ載せておきますね!

水玉や、濃紺など、今までなかったものも入荷していますので

ぜひ見にいらしてくださいね。

出張ワークショップでした

こんばんは、

今日は、といっても日付またいでしまったのですが、

ご近所の小学校で出張ワークショップでした。

今回は、プリザーブグリーンと、木の実で、

クリスマスツリーをつくりましたよ。

発砲スチロールの台に、木の実とグリーンをグルーガンでつけて

いきました。

実だけついていたら、最初は出来上がるのかしら・・

なんて感じなんですが、

グリーンをつけると、形が整ってきます。

ほぼできあがりですね(*’ω’*)

 

すいません、うまく撮れていなかったりして、

全ての方のがご紹介できていないかもですが、

本当にかわいいオリジナリティのある作品ばかりで、

すごく皆様器用で、驚きました!

 

ご参加の皆様、とても皆様明るく、気さくな方ばかりで、

とても進めやすくて、本当にありがたかったです。

楽しくご参加くださり、ありがとうございました!!(^^)!

 

役員の皆様、サポーターの皆様も

とてもスムーズに進むように手厚く、お気遣いくださり、

本当に段取りよく進みました。

重ねて御礼申し上げます。

ありがとうございました!

 

 

 

 

萌え袖アームウォーマー

急に寒くなりましたね、

去年もとても好評だった、

萌え袖アームウォーマー。

今年はさらに進化してまた登場です( *´艸`)

ちょっとルーズな感じで着るのが、

可愛くて、あったかです。

ごくシンプルなデザインなので、服を選びません。

アウトドアや、スポーツ観戦、

ポンチョなど羽織られたりする方、などにおすすめ。

鬼柳さんの手編みアームウォーマー ¥2000

白、ワイン、グレー、紺 の4色展開です。

レッグウォーマーとしても使えるので、

鞄に忍ばせておくと、ちょっと寒い時に、重宝しますね。

とても丁寧に編んでくださっています。

冷え対策におすすめです。

 

2018-11-06 | くらしの雑貨

土本さんのうつわ入荷しました

大変人気の製陶所さん、

萬古焼、土本製陶所さんのうつわが入荷しました。

 

丁度、この日曜まで姫路の陶器市をやっていたので、

行かれたかたも多いのでは。

そこに毎年出店されるので、

その機会に新作も含め、分けていただいてきました(*’ω’*)

今回は白いうつわと、

そして可愛らしい柄のものメインに。

そして、スープカップや新作のカレー皿、

それから、萬古といえば、やはり土鍋の産地。

耐熱のうつわの産地なので、耐熱のうつわを入荷しました。

とんすいとしても使えるし、

グラタンやスープ、アヒージョなど、直火やオーブンで

使えるうつわとして、お料理に生かしてくださいね。

 

近日オンラインショップにアップします。

今準備中ですので、少しお待ちくださいませ。

また、お店に並んでおりますので、

ぜひ見にいらしてくださいね。

クリスマスリースづくりでした

こんにちは。

今日は、大人気ののりさんのリースづくりワークショップでした。

今年はムーン型のリースでしたので、

ちょっと変わってて、とってもかわいかったです( *´艸`)

延々とまずスギなどのグリーンを挿していきます。

地味な作業がつづく・・このグリーンをたっぷり使うことで、

ふんわかした、ボリュームが出てるんですね~~!

グリーンが決まれば、花や実を配置していきます!

何をどこにつけるか考えるのが楽しく、

そして迷いますね♪

つけてるうちに、何が正解かがわからなくなってくるところを

足し算、引き算しながら、

皆様一生懸命位置を決めてつけられていました。

赤白がはいると、ぐっとクリスマスらしくなりますね(*’ω’*)

華やかになってきました♪かわいいですねぇ!

 

仕上がった作品、どれも力作ぞろいでした!

どれもそれぞれ個性が出ていて、

素敵な作品でした(*’ω’*)

お疲れ様でした!

講師ののりさん、いつもありがとうございます(‘ω’)ノ

 

12月はツマミ細工と、しめ飾りづくりがあります

後程、ツマミ細工の方お知らせいたしますね。

家具リメイク工事

先日、お手持ちの水屋を

リメイクする工事をさせていただきました。

 

母がくれたもので、良いものだし、捨ててしまうより

形を変えて、ダイニングカウンターとして使いたい、というご希望で、

なんとも素敵なご依頼でして、嬉しく施工させていただきました。

before

最初はこの水屋の状態。

それを真ん中で2つに分けて、

上部分はTVボードとして、

下部分は天板をつけて、ダイニングテーブルの下の収納にということで。

 

出来上がったリメイク後がこれです♪

after

水屋の下部分をリメイクし、集成材の天板を乗せて作ったカウンター

(w1200×d800×h780)

と、その横に、アイアン脚の正方形のテーブル(w800×d800×h780)

を新たに製作。

高さをそろえて作ったので、カウンターとテーブルをくっつけると

幅80㎝×長さ2mのとても広いテーブルに。

動線がとてもスムーズですよね、

食器を出して、並べて、料理を盛るという

一連の動作を動きが少なく、広い場所でできるというのは

とても主婦にとってうれしいですよね♪

反対側からみると、ひとつのキッチンのようですよね。

とても使いやすくなったとおっしゃられていました。

本当にこれは使いやすそう!

 

既存の水屋にカウンターをのせただけでなく、

水屋のカウンター高さが元々83㎝だったので、それをお手持ちのダイニングチェアに

合うよう、78㎝に低く作りかえてます。

背面にも木目のメラミン板を貼って、見栄えよく。

リメイク家具の工事は、そういった細かい工事が大事で

それを怠ると、使いづらかったり、中途半端な感じになっちゃうので

リメイクしたいな、と思われる方は、

まず、リメイク後、どういった用途で、どの場所に置いて使うのか、

何をいれるのか、という事を具体的に計画しておくと、業者との打ち合わせも

スムーズに進み、ご希望の仕上がりとなると思います。

 

今回の施主様は、とても計画をきっちり立てておられて、

されたいことも、具体的に決まっていて、収納上手でいらっしゃったので、

うまくいきました。施主様のお力です。

 

そして、上部分はTVボードに変身。

収納きれい!

 

これも単にお手持ちの上部分をカットして、底板を付けただけでなく、

基本、水屋の一番上部分というのは重いものを乗せるように

作られていないので、TVが載せられるよう、もう一枚上から、かぽっと

強度のある天板を作ってはめています。

側板も下に芯をいれたり、見えないところに手が加えられています。

木工所さんがきちんと仕立ててくださってます。

 

ご主人の趣味のスペース、という感じの素敵な空間になっていました。

 

とても素敵な仕上がりになりました。

施主様、木工所さん、ありがとうございました。

 

リメイク工事、家具の造作等、

お気軽にご相談ください。

見た目だけでなく、実際の使い勝手を含め、

くらしに使いやすいように、ご一緒に考えていきます。

 

1 2 3 4 5 6 7 54